特別鑑賞会・講演会 千總コレクションと共に、日本文化の未来を考える 《第4回》

特別鑑賞会・講演会 千總コレクションと共に、日本文化の未来を考える 《第4回》
「千總と東本願寺-御装束師の姿-」
2018年10月23日(火)午後2時〜3時半

日時 2018年10月23日(火) 午後2時~午後3時半 (開場午後1時半)
講師: 山口昭彦
場所 千總本社ビル5階ホール(京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町80番地)
定員:60名 (事前申込制・先着順)
参加費:一般2000円 学生1000円

創業460余年の千總が、先人より大切に受け継いできた千總コレクション。江戸時代の小袖や千總が手掛けた法衣装束、友禅染や刺繍の染織品、四条派・円山派らの絵画作品、近代以降の京都画壇の作品群は、千總と京都の美術界・工芸界との密接なかかわりを物語ります。創業以来、京都の地で京都の皆様と共に歩んできた長い歴史が、千總コレクションには凝縮されています。法衣装束商から呉服商となり染織の技を極めてきた千總にとって、先人が手掛けてきた染織品は、ものづくりの大切な原泉でもあります。
シリーズ第4回となる本回は、「御装束師」であった千總の歴史を紐解きます。およそ460年前、千總の始祖である千切屋与三右衛門は法衣商として京都の三条室町で商いを始めました。当時、近隣には多数の寺院があり、千切屋一門は三条通りに軒を連ね法衣装束・金襴巻物を納めて繁栄しました。中でも千總は東本願寺との繋がりが強く、御用商人として僧侶の装束である袈裟や御堂を荘厳する打敷を数多く調進しました。「御装束師」とは何か。東本願寺より山口昭彦氏を迎え、京都の文化に根ざす装束の美、公家のしきたりである有職ついて伺うと共に、衣紋道に基づいた装束の着装の実演をご披露いただきます。千總に遺された装束の見本帖や図案資料と合せてお楽しみください。

【講師】山口昭彦(やまぐちあきひこ)
1961年福井県生まれ。大谷大学大学院文学研究科修士課程仏教文化専攻修了。
現在、東本願寺内事部書記。真宗大谷派圓正寺住職。
共著 京法衣事業協同組合設立10周年記念誌『京法衣商史』

【申込方法】
9月25日(火)より受付開始

①氏名、連絡先(電話、FAX番号またはメールアドレス)を明記の上、千總文化研究所ウェブサイトお問い合わせフォームまたは、FAX(075-211-2530)よりお申し込みください。

②メールまたはFAXにて、参加費お振込先をお知らせ致します。

③参加費の振込を確認次第、メールまたはFAXにてご案内状をお送り致します。振込手数料は参加者様のご負担となります。ご入金いただいた参加費は、参加者様のご都合による返金はできません。あらかじめご了承ください。

*学生の方は当日受付にて学生証をご提示いただきます。
*本プログラムは高校生以上を対象とした内容です。

【申込締切】

10月14日(日)(当日着信有効)
ただし、定員に達した時点でお申し込み終了となります。

【お問い合わせ先】

一般社団法人千總文化研究所 (㈱千總内) 075-211-2531(平日10時~17時)
*本イベント中、または本イベントの参加の行程で発生した事故、けが、疾病、所持品の紛失または破損等による一切の損害について、主催者は、主催者の責めによる発生した損害を除き、責任を負いかねます。
*応募の際にご記入いただく個人情報は株式会社千總にて管理し、ご案内状の発送に利用するとともに、個人が特定できない統計データとして参考資料とさせていただきます。利用目的にご同意の上、お申し込みください。
なお、一般社団法人千總文化研究所の個人情報保護方針につきましては、千總文化研究所ウェブサイトをご覧下さい。

千總のきもの カタログ請求

「夢立花 初着」「夢立花 七五三」「夢立花 振袖」「礼橘」「彩たちばな」のカタログをご用意しております。

カタログ請求はこちら