企画展:旅する小袖 Travels in Kosode

「旅」をテーマに、小袖をご紹介いたします。
現代ほど気軽に旅行ができなかった江戸時代、人々は名所や四季折々の美しい風景を小袖にあらわしました。
近江八景、三保の松原、松島など、平面的で直線的な着物の形を活かしたデザインは、まるでカンバスに描かれた絵のようで、小袖を広げて飾れば目の前に美しい大パノラマが展開されました。
能楽や和歌、『源氏物語』や『伊勢物語』といった文芸も小袖に多くあらわされました。女性たちはお気に入りの物語を身にまとい、その世界に思いを馳せたことでしょう。
小袖のデザインは人々の憧れや思いを写し、時を越え、現代の着物にいたるまで受け継がれています。

千總ギャラリーでは、かつて女性たちが楽しんだように、衣桁に飾ってご覧いただきます。
古来日本人が愛した名所へ、物語の名場面へ、小袖の旅へ出発です。

モデルコースのご案内

col01

今回の展示では、4つの展示ケースごとにテーマを分けて、小袖の展示を行っています。

【Aコース】海と湖を爽やかクルーズ

水辺の景色が美しい小袖は、それぞれの名所を訪ねて日本各地を巡る船旅気分で鑑賞を。

【Bコース】神々が宿る伝説の地へ

小袖に映し出されたのは、奇跡がおこる瞬間。あなたはそこで、神秘の力目の当たりにします。

【Cコース】日本の四季を味わう

移ろう季節の一瞬の美しさを小袖に映し込んで、極上の春夏秋冬を満喫。

【Dコース】物語の舞台をめぐる

 憧れの恋物語をあらわした小袖の中にトリップ!ストーリーを辿るときは、主人公になりきって。

展覧会チラシ(pdf 6.4MB)

【詳細】
旅する小袖 Travels in Kosode ―時空を越える日本のデザイン―
会期:2017年4月6日(木)~ 6月27日(火)
開館時間:10時-18時
会場:千總ギャラリー / CHISO GALLERY
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總本社ビル2階
Chiso Bldg 2nd fl. 80 Mikuracho Sanjyo Karasuma Nakagyo-ku Kyoto
入場無料 / Admission free 水曜休館 / Closed Wednesday
*その他展示替え、特別貸し切りなどで休館することがございます。

関連イベント 入場無料・事前申込制
●学芸員によるギャラリーツアー
「小袖の旅へようこそ」
4月15日(日)、4月23日(日)、5月27日(土)、6月4日(日)各日14時~
4つの魅力あふれるモデルコースを千總ギャラリー学芸員がツアーコンダクターとなってご案内。じっくりお楽しみいただくために、各回1コースずつ見どころを解説、その世界観を深く読みときます。

●トークベント
「海を渡った小袖 ―西洋が憧れた日本―」
6月17日(土)15時~
トーク:周防珠実(京都服飾文化研究財団キュレーター)
明治時代、東西の文化交流が盛んになる中、西洋に輸出された小袖や美術品はジャポニスムのブームを巻き起こしました。日本の美意識やファッションが西洋にどのように受容されたのか、歴史的、文化的背景とともにご紹介します。

公益財団法人 京都服飾文化研究財団

横浜美術館「ファッションとアート麗しき東西交流展」にて
京都服飾文化研究財団所蔵の衣裳が出展されています。
6月25日(日)まで開催

特別貸し切り 要予約・参加費3000円
「京ことばで聞く 源氏物語」第九帖「葵」の巻
5月20日(土) 13時半開場、14時開演
[お問い合わせ・お申込み] 紫苑語り会 075-285-1017(留守電対応)
www.genji-kyokotoba.jp
※千總および千總ギャラリーではお申込みを受け付けておりません。ご注意ください。

千總のきもの カタログ請求

「夢立花 初着」「夢立花 七五三」「夢立花 振袖」「礼橘」「彩たちばな」のカタログをご用意しております。

カタログ請求はこちら