幸せを染める Dyeing happiness pattern on silk clothes

この度、千總ギャラリーは「幸せを染める」展を開催いたします。
この展覧会では、世の中が戦争に向かう昭和初期の千總にスポットを当てています。千總に訪れた友禅断絶の危機、苦境に置かれてもなお、伝統の継承に挑んだ人々がいました。当時の千總の状況とともに先人たちの思い、そして現代に受け継ぐものづくりの精神をご紹介します。

展覧会概要

一枚の絹に「幸せ」を染める。その使命を胸に、作り続けてきた———。

世の中が戦争に向かい、着物の製造が困難な状況に追い込まれた昭和初期。
伝統の技を断絶させてはならない −− 千總は技術の継承のため作品製作を続け、未来へとその技を、思いを繋げました。
残された裂地が今日私たちに見せるのは、奥深い”日本の美”。自然を慈しむ心や、幸せへの願いが込められた文様の数々です。苦しい時代だからこそ、人々が再びその晴やかな意匠を身にまとうことを信じて、ひたむきに染め続けたのです。
この展覧会では当時制作された裂地をご紹介すると共に、先人たちの思いを受け継いで現代に「幸せ」を届ける千總のストールを展示いたします。これまでも、そしてこれからも変わることのない千總のものづくりの精神をご覧ください。

幸せを染める
入場無料/Admission free

【会期】
2018年2月17日(土)〜4月15日(日)
10:00-18:00 / 水曜休館 / Closed Wednesday
※展示替え、特別貸し切りなどで休館することがございます

【会場】
千總ギャラリー/ CHISO GALLERY
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總本社ビル2階
Chiso Bldg 2nd . 80 Mikuracho Sanjyo Karasuma Nakagyo-ku Kyoto

【アクセス】
地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩約3分 / 阪急「烏丸」駅から徒歩約7分
「伊右衛門サロン京都」内の階段より2階へお上りください

【展覧会についてのお問い合わせ】
お電話(075-211-2531)もしくは【お問い合わせフォーム】よりお願いいたします。

千總のきもの カタログ請求

「夢立花 初着」「夢立花 七五三」「夢立花 振袖」「礼橘」「彩たちばな」のカタログをご用意しております。

カタログ請求はこちら